コンビ肌着を着る期間

新生児のころに長肌着の代わりに着せることもできますし、生後2カ月ごろから動きが出てくる時期から着せることもできる便利なコンビ肌着ですが、この新生児肌着を着せる期間はどの程度あるのでしょうか?

新生児の時期には生まれた時期によって着るものが変わってきますが、短肌着の上に長肌着を重ねて着せる基本の形はどの時期に生まれて赤ちゃんも同じです。夏の暑い時期に生まれた赤ちゃんでも短肌着の上に長肌着を着せます。部屋の中ではその基本の形で過ごし、外に出かけるときには薄手のドレスオールを着せることになります。冬の寒い時期に生まれた赤ちゃんの場合にも短肌着の上に長肌着を着せる基本の形は同じでその上に長袖で厚手のドレスオールを着せることになるのです。この長肌着の代わりにコンビ肌着を着せてもかまいません。

短肌着や長肌着は赤ちゃんの大きさにある程度あったものを購入しますから、赤ちゃんが大きくなって来れば、生まれたばかりのころから着ている肌着では窮屈さを感じるようになってしまうかもしれません。コンビ肌着は、新生児から6ヵ月頃まで長く着られることができるのです。長肌着の場合には、足が良く動くようになってきたらコンビ肌着に飼いなおさなければなりませんが、初めからコンビ肌着にしておくと飼いなおすこともないので便利です。