新生児肌着の選び方

新生児はその時期に合わせた必要なものがいろいろとあります。その中で常に肌に身について置くものと言えば肌着ですが、新生児のころの肌着はほかの月齢の子と違っていろいろと特徴があります。新生児肌着について見ていきましょう。

新生児肌着と言っても一つではありません。いくつかのタイプがあるのです。新生児肌着は長肌着と短肌着、さらにはコンビ肌着、ボディスーツなどのタイプがあります。短肌着は新生児が着るべき肌着の基本の形となっているようなタイプのものです。すそが短く、おむつが隠れる程度の長さです。すそが短めとなっているので一年を通して着せることができる大変便利な肌着です。長肌着は短肌着よりもすそが長めになっているものです。寒い時期に生まれた赤ちゃん得あれば短肌着と長肌着を重ねて着せて寒さを防ぎます。

コンビ肌着という物もあり、股下をスナップで留めて左右に分けられるようになっていますから、多少足を動かしてもすそがめくれることもないです。足が良く動く時期になるとこの肌着のタイプにすると、肌着がめくれることもなく便利です。またボディスーツタイプの肌着もあります。全身をすっぽりおおうのですっきりと着こなすことができますが、頭からかぶる対応なので首が据わっていない時期には難しいでしょう。

このように新生児肌着にはいろいろな対応があります。月齢によって選択する肌着の対応が異なってくるので、その時期に合った肌着を選ぶようにすると1日気持ちよく過ごさせてあげることができるでしょう。