コンビ肌着の選び方

赤ちゃんが生まれてから生後半年近くまで身に着ける下着がコンビ肌着です。コンビ肌着を選ぶ場合、どのようなことに注意して購入するといいのでしょうか?

コンビ肌着は1年を通して着せる新生児肌着ですが、着せる時期によって選びたい素材が違ってきます。夏の場合には、いくらエアコンをきかせていても暑い時期ですからじっとしていても汗が出てきます。代謝が良い赤ちゃんは多くの汗をかきます。そのため、夏の時期に選ぶコンビ肌着は通気性がよく、吸汗性も良いものがいいです。吸汗性が良いと汗を吸い取ってくれますし、通気性が良いと着心地もさらっとして気持ちがいいです。素材でいうと、ガーゼ素材や天竺がおすすめです。

冬場の寒い時期にコンビ肌着を着せる場合には、保温性をかんがえましょう。外気温も室温も低い時期は下着も保温性があるものを着せてあげることが大切です。スムースやパイル素材を使ったコンビ肌着がおススメです。

そのほかの春や秋などの時期はダブルガーゼや3重ガーゼ、フライス素材がいいでしょう。この素材を使っている下着は1年を通して着せることもできます。コンビ肌着は生後6か月ころまで着ることができるものですから、大いに活躍をしてくれることでしょう。

今後、ベビー服(新生児)の販売サイトなどで購入する場合は、デザインや見た目の可愛さだけでなく素材についてもしっかりチェックして購入するようにしましょう。

コンビ肌着を着る期間

新生児のころに長肌着の代わりに着せることもできますし、生後2カ月ごろから動きが出てくる時期から着せることもできる便利なコンビ肌着ですが、この新生児肌着を着せる期間はどの程度あるのでしょうか?

新生児の時期には生まれた時期によって着るものが変わってきますが、短肌着の上に長肌着を重ねて着せる基本の形はどの時期に生まれて赤ちゃんも同じです。夏の暑い時期に生まれた赤ちゃんでも短肌着の上に長肌着を着せます。部屋の中ではその基本の形で過ごし、外に出かけるときには薄手のドレスオールを着せることになります。冬の寒い時期に生まれた赤ちゃんの場合にも短肌着の上に長肌着を着せる基本の形は同じでその上に長袖で厚手のドレスオールを着せることになるのです。この長肌着の代わりにコンビ肌着を着せてもかまいません。

短肌着や長肌着は赤ちゃんの大きさにある程度あったものを購入しますから、赤ちゃんが大きくなって来れば、生まれたばかりのころから着ている肌着では窮屈さを感じるようになってしまうかもしれません。コンビ肌着は、新生児から6ヵ月頃まで長く着られることができるのです。長肌着の場合には、足が良く動くようになってきたらコンビ肌着に飼いなおさなければなりませんが、初めからコンビ肌着にしておくと飼いなおすこともないので便利です。

コンビ肌着について

コンビ肌着はまたの部分が分かれているので、動きが多くなり始めた時期から着ることをお勧めできる新生児肌着です。すその長さがある程度長く、長肌着と同じ程度長い様式となっているのですが、またの部分がスナップなどで止められて足が二つに分かれるのです。

長肌着はお腹の部分やすそに近い部分をひもで結ぶ様式になっていますが、コンビ肌着はスナップで止められますから、多少動いても肌着がはだけることもありません。まだ新生児のころはあまり動かないと思っていても、1日1日赤ちゃんは大きくなっていきますし、生後2か月くらいすると足や手をバタバタと動かすようになってきます。長肌着などひもで結んでいるタイプの場合、足を動かすことによってすそがめくれあがったり、はだけやすかったりします。しかし、コンビ肌着の場合には、またの部分が分かれているので、足を動かしても肌着がめくれ上がりません。またスナップで止めてありますし、肌着が体に沿っているので、はだけることもありません。

手足が動くようになった生後2か月ころからコンビ肌着を着せる人もいますが、初めから長肌着を購入せずに、長肌着の代わりにコンビ肌着を着せる人も多くいるようです。

新生児肌着の選び方

新生児はその時期に合わせた必要なものがいろいろとあります。その中で常に肌に身について置くものと言えば肌着ですが、新生児のころの肌着はほかの月齢の子と違っていろいろと特徴があります。新生児肌着について見ていきましょう。

新生児肌着と言っても一つではありません。いくつかのタイプがあるのです。新生児肌着は長肌着と短肌着、さらにはコンビ肌着、ボディスーツなどのタイプがあります。短肌着は新生児が着るべき肌着の基本の形となっているようなタイプのものです。すそが短く、おむつが隠れる程度の長さです。すそが短めとなっているので一年を通して着せることができる大変便利な肌着です。長肌着は短肌着よりもすそが長めになっているものです。寒い時期に生まれた赤ちゃん得あれば短肌着と長肌着を重ねて着せて寒さを防ぎます。

コンビ肌着という物もあり、股下をスナップで留めて左右に分けられるようになっていますから、多少足を動かしてもすそがめくれることもないです。足が良く動く時期になるとこの肌着のタイプにすると、肌着がめくれることもなく便利です。またボディスーツタイプの肌着もあります。全身をすっぽりおおうのですっきりと着こなすことができますが、頭からかぶる対応なので首が据わっていない時期には難しいでしょう。

このように新生児肌着にはいろいろな対応があります。月齢によって選択する肌着の対応が異なってくるので、その時期に合った肌着を選ぶようにすると1日気持ちよく過ごさせてあげることができるでしょう。